社会の夜電

資本主義社会の問題をないがしろにすることを辞めねばならんと思って今日もブログを書きます。格差はあってもいいかもしれません。でもそれは万人が健康的で文化的な最低限度の生活を送れてから初めて行われることだ!