社会の夜電

資本主義の問題点、格差問題、貧困、福祉政策、

『イデオロギーの終焉』から再分配における対立に向かった現代。我々が目指すべき社会のあり方は何か。

イデオロギーの対立は現代では極端に縮小傾向にある。現在中核派が少しだけ盛り上がりを見せているが、それも本当に微弱なもので、社会全体から見れば、未だに共産主義革命を志向している人間はほとんどいないかに見える。

共産主義批判』という本だったか忘れたが、慶應の教授が書いた本には次のようなことが述べられている。共産主義革命は戦争なくして起こらないと。

マルクスは資本主義が高度に発展した社会で階級対立が起こりそれによる革命を予言したが、現実は異なる。共産主義革命は戦争によって起こることをこの教授が明文化した。

では現代の日本に焦点を当ててみよう。

現代では再分配の対立が起こっている。

新自由主義系の政治家と福祉政策重視の政治家の対立だ。いわばパイの配分をどうするかを決めるところに場が移ったのだ。

しかしその対立も限界をを迎えている。

その原因は移民の問題。

移民の流入によってこれまでの社会システムが機能しなくなり、また極右勢力がじわじわと台頭してきている。

しかし歴史を見ればわかるようにそうしたナショナリズムは悲惨な結果を招いた。

ではナショナリズムに偏らず、幸せに生きるために我々はどのようにこれからの社会を想像していけばよいのだろうか。

グローバル化に潜む矛盾がある。

グローバル化で異文化交流と理解が生まれたが

同時に文明の対立が起こる。ナショナリズムも起こる。

これは反作用的なものか?それともグローバル化の帰結としてあるものか?それともこの反作用的な面と帰結的な面の両方を同時に持っているのかもしれない。

 

グローバル化は本当に行うべきか?幸せをもたらすのか?を考えるときに、政治的なグローバル化、経済的なグローバル化、文化的なグローバル化、生活に根ざすグローバル化のやうにグローバル化を分けて考え、それぞれを別々に評価と検討を加えるべきではないか?

グローバル化によって生じる格差の問題は?